完全オリジナルうちわを作って夏を楽しもう

メンズ

新聞を利用した広告

広告

環境問題や社会問題

意見広告は、雑誌などでも掲載されていますが、多いのは新聞掲載です。環境問題や社会問題について大きな広告スペースを使って、広く社会に訴えかけるというものです。おもに環境問題や社会問題に関連する商品やサービスを取り扱っている企業が、意見広告を掲載しています。意見広告を掲載するのは大企業が多いため、掲載枠は新聞の1ページを使う「全15段」、その約半分のスペースの「全7段」、ほかに「全5段」などのスペースに分かれています。全1段は、新聞のひとつのスペースを指します。1ページは、全1段が15段あるので「全15段」となっています。段数によって掲載料金が決まってきます。新聞を読む人によりインパクトを与えるため、カラー広告にしたりすると料金が高くなります。意見広告を掲載している企業ですが、自然エネルギーを扱っている企業などが、環境問題や社会問題について取り上げています。新聞と一口に言っても、全国紙や地方紙、業界紙などに分かれているので、一般紙より専門的な業界紙などに意見広告を掲載した方が反響が高くなるかもしれません。誰に読んでほしいのか、訴求対象によって掲載する新聞が決まるでしょう。掲載する際には、反社会的な内容やその新聞社のカラーによって掲載できない場合もあるようです。新聞以外に、意見広告を雑誌に掲載することもできますが、出版社によって審査が行われます。意見広告に記載されている文章などに修正が入ることもあります。意見広告は、通常の広告より審査が厳しくなっています。