完全オリジナルうちわを作って夏を楽しもう

女性

新聞を利用した広告

意見広告で多いのは、環境問題や社会問題を大きく取り上げたもので、おもに新聞に掲載されます。意見広告の料金は、掲載される段数によって料金が決まってきます。1ページすべて使った広告は、「全15段」と呼ばれています。

店や会社の宣伝媒体

看板を使う際は、目的やターゲットを明確にします。店が集客に使う場合は、通行人などの目に留まる置き看板など、企業の知名度向上では屋上サインや道路沿いの自立看板などが考えられます。イベントではのぼり旗、アドバルーンなどがアピールに効果的です。ノウハウのある業者と一緒に、各自に最適なプランを作りましょう。

専門業者に作ってもらおう

のぼりを使って宣伝する方法は、未だにたくさんあります。飲食店などでよく行われています。業者選びが重要です。デザイン性を重視して選びましょう。目立つものでありながら、宣伝したい内容が全面的に出されるようにします。

夏向けの販促物

男の人

実用性が高い

オリジナルのうちわは夏向けの販促物であり、夏祭りや野外ライブなどのイベントで役立つグッズです。オリジナルのうちわには、表と裏にイラストや写真、社名やメッセージなどを記入することができます。販促物の中でもうちわは、比較的面積が大きいことから、デザインしやすいという特徴があります。オリジナルの販促物を作っても、使ってもらえないグッズを選ぶと、社名などを覚えてもらうことができません。その点うちわは実用性が高いことから、捨てられる可能性が低いというのは大きなメリットでしょう。夏祭りや野外ライブなどを行っている会場などで、オリジナルのうちわを配れば、自然に使ってもらうことができます。あおぐたびにイラストや写真、社名やメッセージなどが目に入りやすくなります。オリジナルのうちわは1本からでも作ってくれるところがありますが、まとめて注文すると1本の単価を安くすることができるでしょう。さらに、1本当たりの単価を安くする方法ですが、デザインが単純な方が単価は安く、色数を増やすと高くなります。また、デザイン料を取るショップがありますから、デザインを自分で行うようにすると安く作ることができます。うちわを制作する際に気をつけるポイントですが、オリジナルのデザインにすることです。アーティストの写真や有名ブランドのキャラクターなどをコピーすると、著作権に引っかかります。完全に、オリジナルのうちわを作りましょう。